行事活動報告

連合2017平和行動 in 根室

 9月9日~10日の2日間、連合主催の「平和行動in根室」に連合奈良より3名が参加しました。
 初日は、北方四島学習会として、元島民の実体験を基にした映画「ジョバンニの島」を鑑賞。また北方領土返還運動に関するパネルディスカッションや講演、報告会などに参加し、北方四島返還に係る運動の現状や課題を学びました。
 2日目は、納沙布岬・望郷の岬公園で開催された「2017平和ノサップ集会」に参加しました。連合本部神津会長は挨拶で国際情勢や日本人が暮らしていた証を残していくなど連合の取り組みを報告し「皆さんが感じたことを職場の中で展開していただきたい、将来の道は必ず開ける」と述べました。また、根室市長をはじめ北方領土返還要求運動連絡協議会などの来賓挨拶の後、元島民の鈴木咲子さんからの訴え、連合島根から竹島問題についての特別報告をお聞きしました。最後に「北方四島の早期返還と日ロ平和条約の締結による真の友好関係の構築に向けて粘り強く運動を展開することを誓う」集会アピール採択がされ、「がんばろう」で締めくくり閉会となりました。
 今回、北方領土返還運動・原点の地である、北海道根室市の納沙布岬に全国の連合の仲間とともに結集し、北方四島の現状と元島民の故郷への思いを聞き、多くの事を学びました。元島民の平均年齢が80歳を超え、後継者の育成など語り継ぐことが年々難しくなってきていることから、運動の啓発活動の強化に取り組まなければなりません。

前のページへもどる